アイキャッチ画像に必要なフリー画像の厳選おすすめサイト

ブログは文字だけだと寂しいですよね。

ちょっとした画像を差し込むことはブログの見た目だけでなく、読者にとっても目の休憩になって記事を最後まで読んでもらいやすいという効果もあります。

まあ文字ばかりと戦っていると気も滅入りますので、ちょっとした息抜きの意味でも使ってみてはどうでしょうか。
作業はとても簡単ですので。

関連記事:WordPressの基本機能解説はこちら

今回は私が画像を探す時に使っているサイトをご紹介いたします。

 

あのモデルさんはここ。「PAKUTASO」

https://www.pakutaso.com/

ある意味インターネットの有名人、河村友歌さんの画像はこちらから無料でダウンロードできます。
*Twitterフォローはこちらへ(笑

この「PAKUTASO」さんは著作権についてできる限りフリーにしてくれていますので、しっかり利用規約を読んで使ってください。(感謝の意味も込めて。)
規約を守れば写真ごとに著作権を考えなくていいのはありがたいです。

動物や風景写真もセンスがいいのでそのまま使えてしまいます。
無料で日本人モデルの画像がたくさんゲットできるのは貴重ですね。

 

日本語で検索可能。「O-DAN(オーダン)」

http://o-dan.net/ja/

こちらは日本語で検索可能な無料写真素材サイトです。

著作権フリー素材は海外のものが多いので検索も英語というのが普通なのですが、こちらのサイトは日本語で検索できるのでありがたいです。

またこのサイトは他の画像サイトの検索エンジン的な役割を果たしているので、このO-DANだけで画像をほぼ探せてしまいます。
画像サイトを”横断”しているわけですね。

もう一つの便利な点は、検索時に著作権が「CC0」と「CC-PD」のサイトだけに絞って検索することが可能なところです。

このCCライセンスについては詳しく書きませんが、「CC0」や「CC-PD」であれば著作権を主張していなかったり、放棄されていたり、保護期間切れだったりするわけです。

つまり誰の作品であるかを表記せずに利用できるということですね。

「CC0」と「CC-PD」のサイトだけでは見つからなければ、全サイトから「CC0」や「CC-PD」の画像を探すか、著作権元を表記して使用するということになります。

CCライセンスについてはこちらも参考にしてください。
クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

 

サイトをクールに「kaboompics」

http://kaboompics.com/

こちらのサイトはO-DAN の次によく使っています。

一番のポイントはここだけの画像を使ってサイトを作ればクールで統一感のあるサイトに仕上がるというところです。
ひとつひとつ記事の内容にこだわる場合はよく選んで、文字を挿入したりして使いますが、それよりサイト全体のイメージを重視する場合は全てここの画像で統一しています。

なんといいますか、当たり障りがないけれどそこそこカッコイイ写真がたくさんありますのでアイキャッチ画像に時間を使うのがイヤで、でもそれなりの雰囲気にはしたいときにはハマるサイトです。
DISCOVER FREE PHOTOS
こちらから入ったほうがフリー素材だけですので使いやすいかもしれません。

 

CC0素材がたくさん見つかる「visualhunt」

https://visualhunt.com/

こちらも使い勝手がよく、著作権フリー素材が多く見つかるので使用しています。

キーワードと色合いの組み合わせが出来るので用途に合わせて使ってみてください。

 

まとめ

フリー画像やサイトはネットにたくさんありますので用途や使い勝手でお気に入りを見つけてみてください。

上記のサイトだけでもほとんど見つかると思います。

ここにあまりパワーを使ってしまわないように気をつけましょうね(笑