アフィリエイトを始めるときに「稼ぐテクニック」を集めるから「稼げない」

 

アフィリエイトで稼ぐにはノウハウ(稼ぐテクニック)が必要です。

初めてのビジネスをやるのですから誰でも勉強はするでしょう。

私も多くのノウハウを集めることに時間を費やしています。
ですのでノウハウ集めを全く否定するつもりはありませんし、無駄な勉強など何一つないと思っています。

またあなたを成功へ導こうとしている、この「成功への最短ルート講座」自体、ノウハウの何物でもありません。

しかしながら、アフィリエイターの95%が月五千円すら稼げずに脱落してしまうと言われる事実がある以上、そのノウハウの扱い方を間違い、いわゆる「ノウハウコレクター」止まりになってしまっている方が多いのも間違いありません。

ノウハウコレクターはプロ三日坊主である私の尊敬する「努力家」です。
努力家の努力を最大限、活かすためにこの講座はあります。

従いまして、具体的に講座を進めて行く前に、まずは正しいノウハウの使い方からお話ししておくべきではと考えました。

あなたが今からやろうとしているノウハウの使い方は正しいのか。
あなたが今まで続けてきた努力の方法が正しかったのかどうか。

それを確認していただければと思います。

 

そもそもノウハウとは

まず先に、ノウハウの定義についてお話をさせてください。

ノウ ハウ [1] 【know-how】
〔ノー-ハウとも〕
①製品の開発や製造などに必要な技術・知識。技術情報。 「 -料」
②ものごとのやり方に関する知識。実際的な知識。
引用:Weblio辞書

ノウハウとは上記のように説明されています。

アフィリエイトの世界では「②ものごとのやり方に関する知識。実際的な知識。」という感覚で捉えれば良いと思います。

そしてほとんどの初心者はまず「どの情報商材を買えば稼げるのか」というスタートを切ります。
それは正しいのですが、情報商材をノウハウというより、「ハウツー」として期待している場合が多いので注意が必要です。

ハウツーとはつまり具体的な手法のことで、

  • 「このソフトを使えば簡単に記事が作成できる」
  • 「このキーワードをタイトルに入れれば上位検索される」
  • 「こうやってSNSを使えばアクセスが伸びる」

などになります。

ではそのとおりにやれば期待通りに稼ぐことができるのでしょうか。

残念ながら、できないのです。

その理由は次の2つになります。

  1. アフィリエイトはフランチャイズではない
  2. ノウハウのコピーだけでは劣化版サイトが出来上がる

これから順を追ってご説明いたします。

 

アフィリエイトはフランチャイズではない

フランチャイズというビジネスモデルをご存知でしょうか。

例えばあなたがコンビニエンスストアを経営しようとしたときに、ノウハウや競争力を持っていません。

そういった場合にフランチャイズ方式という手段があります。

方法としては、まず全国展開している大手コンビニチェーンに加盟します。
そしてそのコンビニ大手の看板(ブランド)から店舗の内外装、仕入先、顧客管理、在庫管理などなど、すべてのノウハウを本部から教えてもらって運営することができます。

その代わりに売り上げの数%を支払うということで成り立っているビジネスモデルです。

たくさんの経営者がフランチャイズチェーンに加盟しているのですが、これが成り立つのは同じノウハウを持っていても地域が違うため競合しないからです。お客様を取り合わないのです。

このフランチャイズ店舗は全く同じ経営スタイルを行います。
同じ商品を扱い、同じ価格で、同じサービスをします。
(正確には地域、店舗単位である程度の柔軟性が認められています)

大手コンビニが成功してきたノウハウがありますので、フランチャイズオーナーはすぐに採算が取れる経営ができます。

つまり利益の一部分は取られてしまうものの、ノウハウ通りにやっていればかなりの高確率で稼げるのです。
*逆に言えばそのノウハウから大きく外れたことをしてしまうと失敗します。

では同じように、ノウハウを購入するアフィリエイトの場合はどうでしょうか。
考えてみましょう。

 

ノウハウのコピーだけでは劣化版サイトが出来上がる

アフィリエイトの情報商材から得たノウハウに従い、サイトが出来上がったとしましょう。
そうすると情報商材の販売者が過去に作り上げたサイトと同じものが出来たことになります。
(*実際には当然あり得ませんがそれは後でお話しします。)

そうするとどうなるでしょうか。
インターネットの世界では土地の概念がありません。
つまりお客様にとって、ネット上にある同一ブランドの同一サービスは、選び分ける理由を見つけることができないのです。

ネットで買い物をすると確かに同じブランドの公式ショップは一つしかありませんよね。
ネットショップなど、WEBサイトではフランチャイズは成り立たないということです。

情報商材(ノウハウ)をフランチャイズのように「ハウツー」だけで解釈してしまいますと、成功は残念ながら不可能です。

ハウツーだけでは劣化版サイトが出来上がってしまうからです。

  • 本家サイトより記事内容の薄いサイト
  • 本家サイトより記事数の少ないサイト
  • 本家サイトよりSEOの弱いサイト
  • 本家サイトよりデザインや使い勝手の悪いサイト

このように、どれをとっても本家サイトに勝てる要素がありません。

ノウハウの提供で本家サイトがビクともしない理由がここにあります。
よろしければ関連記事もご参照ください。

「月に100万円の収入があります!」という本人がそのノウハウを公開したり、販売したりしていますよね。 あれってライバルに手の内を見せることになると思いませんか?

 

情報商材などのノウハウは効率的な「器作り」としてとらえる

ビジネスを始めるにあたって、ノウハウは必要です。
もしあなたがアフィリエイトに必要な知識をあまりお持ちでないのなら、それを集める必要があります。

アフィリエイトを始めるための情報であれば、インターネットで調べられないことは何一つとしてないでしょう。
しかしあなたにはその散らばっている情報を整理する力がないかもしれません。

数ヶ月かけて整理するぐらいであれば、情報がパッケージ化されているノウハウを購入するほうが効率的です。
(それでも”どの”ノウハウを購入すべきかで悩んではしまうのですが。)

そしてついに手に入れたノウハウですが、それは必ず稼げる「手法」なのだとは思わないで頂きたいのです。
ノウハウ、テクニック、情報商材、ハウツー。
どの呼び方で理解していただいてもいいのですが、それらはあなたの収益構造を効率的に作り上げるためのものなのです。

間違わないでください。
収益“構造”です。

 

情報商材を飲食店のノウハウだとして例えるとわかりやすいかもしれません。
ノウハウ(テクニック)として記載されている情報の内容は

  • テナントの探し方、決め方(人口分布・駅の乗降者数・ライバル店の状況・坪単価・治安)
  • 店舗の外装の考え方(デザイン・コスト・耐久性・安全性)
  • 店舗の内装の考え方(デザイン・コスト・効率的な導線・安全性・衛生面)

などから始まり、メニューやスタッフ指導、広告、損益管理などについて展開されていきます。

お店をひとつオープンさせるためにはたくさん決めることがあります。
それを知識として初めからすべて持っている人は少ないでしょうから、ノウハウを購入することになります。

ではこのノウハウを購入した結果、得られた最大のメリットは何でしょうか。

それは、「お店を早くオープン出来る」ことではないでしょうか。
オープンするということはお店の形ができたというだけではなく、材料の仕入れから調理方法、料理の価格決定、スタッフの役割やシフト、銀行口座の開設や会計管理方法などすべてが整ったということです。

そしてどれぐらいの売上を予定し、どれぐらいの費用がかかるのかまで決めることができています。

つまり、収益構造が固まったということです。

アフィリエイトにとっても、情報商材などのノウハウが行う役割はほとんどがこの収益構造を固める役割になっています。
「テクニック」に見える気がする部分でさえ、情報が公開されている以上は多くのライバルが知っている知識であり、サイトを作るときには最低限知っておかなければならないレベルのものです。

情報商材にはあなたのお店、つまりアフィリエイトサイトをオープンし、運営するために「最低限」必要な情報(公開されているテクニックを含む)がたくさん詰まっていますが、それ以上でもないということです。

そしてあなたはライバルよりも少ない知識で、劣化版サイトを始めることになります。
当然お客さんはライバルサイトへ流れ、あなたのサイトへは訪れてくれません。

やがてあなたはアクセスの増えない、売上が上がらないサイト(ブログ)の更新がつらくなり、脱落することになるのです。

 

それではどうすれば良いのでしょうか。

それが今回私が一番言いたいことになります。

 

あなたの「ブランド」を作る

情報商材などのノウハウを得る場合でも、何かを学ぶ場合でも、何かにお金を投じる場合でも、その目的はあなたのブランドを作り上げることだということを知っておいて欲しいと思います。

アフィリエイトはビジネスであり、競争があります。
競争に勝つためにはお客様があなたのお店を選ぶ理由が必要なのです。

このアフィリエイトビジネスには共通する王道ノウハウがあります。
そこを大きく外れてはいけないのですが、外れてはいけない程度のことだけで実はさほど重要なポイントではないのです。

どうしても初めの頃は「どれだけ優れたノウハウを手に入れることができるのか」に力を使ってしまうものです。
しかしそこはこのビジネスにおいて全く本質ではありません。

ハウツーはサイトの「形」を作るためだけのものと言っても大げさではないぐらいです。

あなたの一番の目的は
あなたの「ブランド」を作ること

そしてそのためにあなたが一番力を入れなければならないことは
あなたの「ブランド」を作るための知識、技術を得ること

になります。

情報商材や本講座などのノウハウは、あなたの「ブランド」を作るために必要であり、それこそが稼ぐための近道、成功への最短ルートなのだということをまずはわかって欲しいのです。

 

ただ、いきなりあなたの「ブランド」を作れと言われてもピンとこないかもしれません。
私も20数年間、「会社」というブランドにぶら下がって仕事をしてきましたので自分のブランドなど考えたことがありませんでした。

またスタート時にブランドを固めてしまいすぎるとアフィリエイトのジャンルやテーマとのズレが生じてしまう場合があり、逆に身動きが取れなくなってしまいます。

今回はあなたのブランドを作ることがビジネスの柱になる、ということだけをまずはご理解していただければ大丈夫です。

具体的なブランド化の話は少しあとにさせていただき、次回はあなたがアフィリエイトビジネスを始めるときに必要な「戦うフィールドの選び方」についてお話をしていきたいと思います。

次の記事へ

あなたには継続して利用しているお店がありますか? 例えば服を買うとき、ディナーを食べるとき、髪を切ってもらうとき。 あなたはなぜ毎月のようにそのお店へ行くのでしょうか。