【レビュー】ワードプレステーマをSimplicityからSTORK(ストーク)に変えた感想と評価

気がついたら記事を書かずにデザインのカスタマイズばかりしていたということはありませんか?

今回はカスタマイズ地獄からの脱出のきっかけとなったワードプレステーマ「STORK(ストーク)」についてのレビューをしたいと思います。

Simplicityならではのデメリット

私はSimplicityをずっと使い続けてたのですが、Simplicityはそのシンプルさと役立つネット情報の多さにとても気に入っていました。

しかし、ある日カスタマイズという落とし穴にハマってしまいました。。

  • 「こんなレイアウトにしてみたい」
  • 「こんなデザインにしてみたい」
  • 「CSSいじってる自分カッコイイ!」

無機質な自分のブログが、少しずつ華やかに、そして個性も出てきて楽しくて仕方がありませんでした。もともとがシンプルなデザインですのでやればやるほど姿を変えていくんですよね。記事なんて書いている場合ではありません。

「アフィリエイトブログはデザインより記事の内容が大事」

そんなことはじゅうじゅう承知しているのですが、やはり素敵なデザインに越したことはありません。
あんなことしたい、こんなことしたいと、ついつい時間をかけて調べてしまっていたのです。
ブログって自分の分身みたいなものですしね。

 

気がついたらデザインいじりで数日無駄に・・・。

ほんと楽しいですよね、ブログのデザインをいじる作業って。ただ実際にトライしてみると色んな勉強が必要でした。CSS、テーマファイル、配色、タグ・・。そしてそれらを調べるネットサーフィンの日々。完全に記事の更新が止まってしまいました^^;

記事は書かない、頑張ったわりにはデザインが素人っぽい、でもデザインが気になってやっぱり記事が書けない。その繰り返しでした。

そんなときにネットで見つけた情報が、STORK(ストーク)の評判です。

  • 「ブログを書くことに集中できる」
  • 「たった1時間ですごくオシャレになる」
  • 「多くの有名ブロガーが使っている」

などなど、とても良さそうな印象でした。ただ、「ん?ブロガーさん向けのテーマなのかな」という心配もありました。

私はブログアフィリエイトをしていますが、物販サイトも運営していますので、そこでも使いたいという気持ちがあったわけです。

結局はカスタマイズに疲れていましたし、ブロガーさんたちのサイトがかっこよかったのですぐに購入しました。そして使用方法は次のように分かれることになりました。

アフィリエイトブログ”ではSTORKを使う

アフィリエイトサイト”ではSTORKを使わない

このようになった理由はSTORKのメリット、デメリットがあったわけですが、ストークのメリットは場合によっては大きなデメリットにもなると感じています。

 

使ってみてなるほど。書くことに集中出来る。

まずSTORKテーマを導入した途端、ブログの印象がガラッと変わりました。もちろん型くずれする部分は多少ありましたが、「もうこのままでいいかも?」と思えるぐらいです。

とは言えまったくそのままとはいきませんので、タイトル画像の変更、基本カラーの変更ぐらいはしました。でもたったこれだけで納得のいくデザイン、レイアウトになって記事投稿の作業に戻ることができています。

CSSの知識がほとんどなかった私が1時間ほどでこれまでの苦労を一気に解消できたのにはSTORKの優れた標準機能とカスタマイズのやりやすさにあります。

STORK(ストーク)のメリット

私の感じたメリットを挙げるとすれば、次のようなものになります。

ストークのメリット

  1. CSSの知識にほとんど頼る必要がないカスタマイズ性の高さ
  2. 高いデザイン性、配色やレイアウトのセンスの良さ
  3. サポートのリアクションの早さ

この三つのメリットのおかげで私は簡単に満足のいくブログにデザイン変更し、手厚いサポートもあって今でも全くストレス無くブログ運営が出来ています。

メリット1:CSSの知識にほとんど頼る必要がないカスタマイズ性の高さ

ストークには標準装備されている機能がたくさんあり、基本的にはそれを選んで使うだけです。

見出し

みだしは簡単に三つのスタイルから選ぶことができます。

こんな感じです。

私はSimplicityのときに吹き出しにしたくて結構CSSを探していました。
ストークに標準装備でよかったです。

ちなみにこの見出しの画像はキレイに三つ並んでいますが、これはストークに標準装備されている「ショートコード」というもので挿入しています。

横に並んでいるように表示されるのはPCでの閲覧時です

装飾用のストーク専用タグのことです。

パソコンだと三つ横並び、モバイルだと縦に並んで見えているかと思います。

文字を並べるときのほうがありがたいかもしれないですね。

ひとつ目
ふたつ目
みっつ目

 

どうでしょうか?
モバイルでお読みになられていたら意味不明ですね(汗

 

補足説明枠

上の補足説明も標準装備のタグで装飾するとこんな風になります。

補足説明枠です。

 

次のような「注意説明」用もありますよ。

注意説明枠です。

 

さりげなく囲みたいときはこちら。↓

シンプル枠で囲んでみました。(見えますか?)

2017年10月追記:ボックスラベルが追加されました

ショートコードにラベル付きのボックスが追加されています。

ラベル(青)
青のラベル付きボックスです。
ラベル(ピンク)
ピンクのラベル付きボックスです。
ラベル(黄色)
黄色のラベル付きボックスです。
ラベル(緑)
緑のラベル付きボックスです。
ラベル(グレー)
グレーのラベル付きボックスです。
ラベル(黒)
黒のラベル付きボックスです。

ラベル無しも出来ますよ。

青のラベル無しボックスです。

ボタン

ストークはボタンの上にマウスカーソルを持ってきたときの動きがとても可愛いんです。
”にゅっ”てやつですね。(マウスのないスマホなどでは動きません)

これも標準装備です。
(みんなCSS勉強してるんだなあって勘違いしていました。)

下のボタンは押すとストークのページにジャンプします。
(リンクを貼らないとボタンにならないんです。すみません。)

組み合わせるとこんなことも出来てしまいます。

 

吹き出し

吹き出しはいいアクセントになりますよね。

 

しゅう
このようにFacebook風にしゃべることもできますし
しゅう
LINE風にしゃべることもできますよ。
しゅう
シンプルにこれが使い勝手いいですけどね。
しゅう
からしゃべるバージョンもありますよ!

 

他にもたくさんショートコード(専用タグ)をたくさん用意してくれているので、簡単にポチっと使えるようにプラグインをいれておくことをおすすめします。

AddQuickTag(アドクイックタグ)

ワードプレスのエディターにタグの挿入ボタンが設置できるのでとても便利ですよ。

こんな風に選ぶだけになります icon-hand-o-up

 

ショートコードは初心者への愛

先程ショートコードはストーク専用のタグだとお話しましたが、実はこれ、初心者にとても優しい機能なんです。

例えばボタンですが、エディターでは「btn class=”simple big maru”・・・」というタグを書いて命令しています。
「シンプルで、大きくて、角が丸いボタンでよろしく」
という意味です。

それをストークでは先にsimpleはこういう形、 bigはこういう形、 maruはこういう形、とルールを作ってくれているんです。

ルールを作ってくれていない場合、初心者にとって一番恐ろしい「スタイルシートの編集」を自分でやることになります。。
これからはショートコードが主流になればいいですね。すごく便利ですから。

 

PCとモバイルで使い分けが出来る機能

ストークはたくさんの機能がPCとモバイルでそれぞれ分けて設定することができます。

  1. トップページ記事レイアウト
  2. その他一覧ページ記事レイアウト
  3. メインサイドバー(モバイルはコンテンツ下)・ハンバーガーメニュー(モバイル)
  4. 【広告】記事タイトル下
  5. 【広告】コンテンツ下
  6. トップページ上部
  7. トップページ下部
  8. フッター

たくさんありますね。

PCは横に広く、モバイルは縦に長いのでそれぞれの見やすさ、見せ方を使い分けてユーザーに優しいレイアウトにすることが可能です。

 

メリット2:高いデザイン性、配色やレイアウトのセンスの良さ

記事装飾以外でも全体的なデザイン、レイアウトが下手に触らないほうがいいぐらいまとまっています。その一部をご紹介します。

 

メニューバー(グローバルナビ)

メニューバー、カッコいいです。
CSSを知っていれば大したことないのかもしれませんが、個人的にはくすぐられます。
(あと検索窓の虫眼鏡ボタンがトコトン可愛いです。)

ちなみにこのメニューバー、モバイルファースト設計のストークはスマホで見てもちゃんと機能しています!

今はモバイルからのアクセスのほうが圧倒的に多いですよね。
7割から8割ぐらいでしょうか。

ですのでモバイルから見やすいサイトでないとお話になりませんが、技術が全くない私でも読者さんにご迷惑かけないように出来ています(のはず)

 

スライドショー!?

これは好き嫌いがあるかもしれませんね。
デフォルトは「なし」ですので設定すると使えるようになります。

CSSの知識が無い私は興奮してお腹がいたくなりましたのですぐ採用しました。

これもまた、まさかのモバイル対応をしています(感謝

 

トップページ記事のレイアウト

ストークのトップページは4タイプのレイアウト(記事の並べ方)が用意されています。
(シンプル・カード・マガジン・ビッグ)

お気に入りは「カード型」です。

 

もちろん一般的な並びもいいですけどね。

ちなみにこの機能、パソコン用とモバイル用で使い分けが可能です!(歓喜

 

ラベル

ストークで地味にうらやましかったのがラベルでした。

その記事のカテゴリー名を自動表示させているのですが、これ、おしゃれですし読者さんに親切だと思うんですよね。

なので私はSimplicity時代、アイキャッチ画像として作っておりました!

標準装備だったとは・・・。
色を変えることもできますよ☆

 

記事のこの部分に連動しています。
(設定で角度なども変更出来ます。)

 

関連記事の表示デザイン

関連記事の表示もあれこれと手間をかけていました。
「RECOMMEND」にしたかったんです。あのフォントで。
ほんと時間のムダでした・・・。

 

ストークに限りませんが、関連記事の表示は気に入らなければプラグインを使ってみてください。
YARPPはストークとの相性もいいですよ。

 

メリット3:リアクションが早く丁寧なサポート

ここまで説明させていただいた機能はとても簡単に導入できてしまいますが、それでも細かい部分でわからないことは出て来ます。

私にもわからないことがありました。
Q&Aを見ても解決しませんでしたのでメールで問い合わせをしてみると、

すぐメールで解決方法が返ってきました!

私がやりたかったのはブログの一番上の「白」をメインカラーと同じ色にすることでした。

<解決前>


<解決後>

 

まあそれほど気にする部分ではないことはじゅうじゅう承知しているのですが。

他の設定が簡単に終わってしまったので細かいところまで手を出してしまったわけです。
ほぼデフォルトで突然おしゃれになりますので。

それにしてもスマートで迅速な対応でした。
公式サイトは使い方Q&Aも充実していますよ。

CSSをいじるときは必ず子テーマを使ってください。公式サイトからダウンロードできます。
子テーマを使っておけば親テーマがアップデートされてもカスタマイズした内容はそのまま残ります。
これはストークに限った話ではありませんのでご注意を。

追記:
先日プラグインについての質問も丁寧に対応して頂きました。
具体的には悪さをしているプラグインを特定してもらいました。
サポート外の内容の気もしますが^^

 

STORK(ストーク)のデメリット

私はサイト型の物販アフィリエイトもやっているので、ストークの良さが逆にデメリットになる部分も多々ありました。

ストークのデメリット

  1. 運営者(自分)の主張が強すぎ
  2. アイキャッチ画像ありきの構造
  3. 有料(10,800円)かつ1ライセンス、1ドメイン

ストークの良さはブログの運営者が個性を出し、さらにキャッチーかつおしゃれなサイトで読者を掴んでいけることだと思います。そのためブロガーにはしっかりハマると思います。

しかし情報集約型の物販サイトアフィリエイトにはこれがジャマになることもあります。運営者や登場キャラクターが必要なかったり、1記事ごとにアイキャッチ画像がないほうがすっきりする場合などです。でもキャラクター性を出して体験談型にするならブログになりますので使い方しだいですね。

このようにストークの個性がデメリットになることもありますが、それだけブログにオリジナリティを出せるということでもあります。ブランディングや差別化が出来ていないとライバルに勝てませんので、カスタマイズが出来ない初心者にとっては強い味方になります。

1ライセンス、1ドメインに注意

ストークは1ドメインにしか使えないので注意しましょう。(サブドメインはOKです)

価格についてはこれだけの機能で10,800円ならかなりお手頃だと感じますが、サイトを量産したい場合はドメイン単位で購入しなければなりません。

これが私が物販サイトではストークを使っていない大きな理由のひとつになっています。

以上のようにデメリットを挙げてみましたが、サイト型を量産してアフィリエイトをしたいというのでなければ大きなデメリットではないかもしれませんね。是非お気に入りのブログに使ってあげてください。

 

STORK(ストーク)はこんな方におすすめ

デザインと機能面をメインにご紹介してきましたが、このストークをおすすめしたい方は次のような方です。

こんな方におすすめ

  1. 初心者の方(CSSをできるだけ触りたくない方)
  2. おしゃれなデザインにしたい方
  3. 自分の個性で勝負したい方

やはり初心者なのにプロのようなブログに出来るというのがストークの最大の強みになります。逆にCSSをがっつり学んでカスタマイズしたい方はちょっと違うかもしれません。
ストークの良さはパッケージ化されたデザインですので。

またストークは「あなた」を表現しやすいと思うので、やはりブログ運営には最強のツールです。サイトアフィリエイトで量産しようと思われているならおすすめできません。

また、もしあなたがひとつ目のブログ作りをしているのであればデザインやCSSの勉強に時間を掛けるべきではないと思います。

記事が増えていくとアクセス数や売上に変化があるので続けやすいですが、デザインをいじったところで全く関係ありません。

デザインにこだわっているうちに続かなくなってアフィリエイトをやめてしまうというようなことになりませんように。
無料のツールを使うとここが落とし穴にもなりますよね。

icon-arrow-circle-down おしゃれな配色を簡単に見つけられるサイトがあるのでご紹介しておきますね。

http://colorhunt.co/

 

注意:購入のタイミング

もし初めてのワードプレスで、すでに記事数が多いのであれば修正が面倒なことになります。ワードプレステーマの変更はせめて50記事ぐらいまでにやっておきたいところです。

今からワードプレスで始める、または始めたばかりという方がいきなりおしゃれで楽しいブログ生活を出来るというのが最大のメリットです。

 

最後に

ストークはCSSを知らない方でも簡単におしゃれなブログを作ることができるワードプレステーマです。

おまけにモバイルに強い機能が盛りだくさん。
困ったときのサポートも迅速かつ丁寧です。

無料テーマから変えると一気に世界が変わりますので検討してみてはいかがでしょうか。

記事の更新が楽しくなりますよ。

以上、ストークの感想と評価でした。