アフィリエイトは無料の限界を感じるまで有料サービス、情報商材に手を出してはいけない

「アフィリエイトは本当に無料でやれるのか?」「情報はすべてネットに無料で手に入るのか?」
そんな疑問はないでしょうか。

あるいは有料のノウハウや自動ツールが気になるのではないでしょうか。

私の主張としては、あなたが副業で、個人でアフィリエイトをしているという前提でお話すると、

「無料の限界を感じるまでは有料に手を出さない」

というものになります。

ビジネスは投資ありきですのでこれについては色々と意見があるとは思いますが、このブログは「アフィリエイトを続けるため、モチベーションを下げないためにどうするか」という観点であることをご理解ください。

ではアフィリエイトを続けるためにどうお金を使うのか、どこまで我慢するべきか。
お話させていただきます。

 

ネットでほぼ全ての情報を手に入れることが出来る

アフィリエイトだけでなくネットビジネス全般に言えることですが、ほとんどの情報はネットで手に入れることが出来ます。もちろん無料です。

そしてアフィリエイトのノウハウもネット上で公開されていますし、ひと昔はオリジナル特典レベルの内容でも今ではオープンになっています。

また初心者は情報商材やそのアフィリエイター特典にどれだけすごい情報が詰まっているのかと期待していると思います。
しかしこれも大半はネットで調べることが可能です。
(ただその調べ方がわからないので困るわけですが)

もちろん高額なだけあって、それ相応の中身です。そして体系的に論じられていますので実践のしやすさがあります。
それを補うツールなども付属する場合もありますね。

ただ最初はあなたのスタイルが決まっていませんので、あなたに合うスタイルを見つけるためにノウハウを購入するというのは金銭面的にも非効率です。

「こんなにお金を使っても稼げない」
これではモチベーションが下がりますし、教材を買っても稼げないとストレスになり、続けることが難しくなります。

多くのアフィリエイターがかなり高いレベルの情報を出し惜しみせず、メルマガでストーリー立てて無料配信していますので、まずは購入せずにメルマガ用のフリーメールアドレスを取得してどんどん登録してみればよいと思います。

 

ネット情報のデメリットは意外と多い

無料で手に入るネット情報はデメリットもたくさんあります。
実はアフィリエイトを続けること(下手すれば始めること)が出来なくなる原因にもなっていると、私は感じています。

まずそのデメリットをいくつか上げると次のようなものです。

  1. あなたの知っているキーワードからしか情報にたどり着けない
  2. あなたに最適な情報に絞ることが難しい
  3. 真逆の情報、主張もある(そしてどちらも正解である)
  4. 根拠のない情報、ウソ(故意でないにしろ)もある
  5. ブログ型が多く、書籍のように体系的にまとまっていない

これらがもたらす結果はといいますと、

「じゃあ結局どうすればいいってこと??」

このような情報迷子になります。

ノウハウコレクターとして楽しい間はそれでもいいのですが、それは稼げていませんのでビジネスではありません。
そして楽しいときはいつか終わりますし、稼げていないのですからモチベーションは必ず下がります。
迷ってばかりで始めることすら出来ずに終わってしまう人もいるでしょう。
自分に合った手法を見つけて、それを実践してみることでやっと何かわかりかけてくるものなのですが、ネットの情報が多すぎて選んだ方法に自信が持てなくなります。

「あっちの方法のほうが稼げるんじゃないか・・・?」

せっかく始めることが出来ても、また迷子に逆戻りになってしまうのです。
「この方法は失敗した」という汚点を付けてしまったように考えるのは自分を否定し、モチベーションを下げる原因にもなってしまいます。

いずれにせよ、ネット情報はあなたにピッタリのアドバイスをくれることは絶対にありませんから、ピンときたものをまずは形になるまでやり続けることが大切です。

「好き」は付き合っているうちに「愛してる」に変わるものです^^

まずはひとつのことを形になるまでやってみてから判断しましょう。

 

情報商材(ノウハウ)を買う前に本屋さんへ行こう

私がネットで情報を発信していて言うのも何なのですが、情報が整理されているのはやはり書籍です。

アフィリエイトの手法選びに迷い続けるぐらいなら、あるいはノウハウコレクターで始めることすら出来ないのであれば、とりあえず本屋へ行くことをおすすめします。

本屋の一番のメリットは分類を目で確認できるところだと思っています。
どういうことかと言いますと、

「起業・副業」の棚のたくさんある中に「インターネット副業」のエリアがあり(大分類)、
「インターネット副業」のエリアのたくさんある中に「アフィリエイト」があります。(中分類)

そしてその「アフィリエイト」のエリアを見れば「ブログで稼ぐ」「ミニサイトで稼ぐ」「ペラサイトで稼ぐ」「YouTubeで稼ぐ」「ツイッターで稼ぐ」などの書籍にたどり着けます。(小分類)

それぞれの主張でブログが点在しているネットに比べ、本屋の棚は同じグループの本は必ず同じ棚に積まれています。
本屋の規模にもよりますが、アフィリエイトの棚へ行けばアフィリエイトの手法全てがそこに揃っているということです。
(ノウハウ系アフィリエイト情報商材はそれぞれの手法の変化球です)

さらに書籍の良い点は、そのひとつひとつの主張ややるべきことが1冊の中で完結していることです。

「ブログで稼ぐ」であればんなサービスを使えばいいか、どんな記事を書けばいいか、どうやってマネタイズすればいいか。

1冊読めばひとつの手法に関して自分のやることを見渡すことが出来るわけです。
それだけでも自分に合っている方法かどうかはある程度イメージ出来ます。

本屋ですとさらに追加の情報も見つけやすい利点があります。
選んだ「ブログで稼ぐ」の本で、例えば「Google Analytics」という理解できない言葉が出てきて、深く知りたいと思えば「アクセス解析(中分類)」の棚の、「Google Analytics(小分類)」の本を手に取れば解決してしまいます。

ネットサーフィンでの誘導リンクに比べてとても効率的です。
そしてその内容もレベルの差はあるかもしれませんが、知っておくべきことは全て書いてあるわけです。

それ以上のピンポイントで知りたい場合は1冊になるレベルの話ではありませんし、最新情報を得られる意味でもネットの出番でしょう。

 

手法の種類を知るために高額なノウハウを購入してはいけません。
ミニサイトで稼ぐ方法をイメージできない人が、「ミニサイトで簡単に100万円稼ぐ究極のメソッド」を購入してはいけないのです。

変化球を覚える前に、ストレートを投げることすら出来ないのなら高額のピッチングコーチを雇うのは早すぎます。
無知の状態で情報商材のセールスレターを読むと買いたくて仕方がなくなり、思わず購入してしまいますので気をつけましょう。

その手法で避けて通れない作業、苦労、出費をある程度イメージ出来るまでは購入を我慢して欲しいところです。
まずは本屋さんでとことん立ち読みしましょう^^

本屋さんでの情報収集についてはこちらの記事もどうぞ。

ネットでの情報収集って、「すごく非効率だなあ」と感じる事はないでしょうか? ブログやアフィリエイトなどが初めてだと知らない事だらけですので、調べることがたくさんあると思います

 

必要性を感じたときが有料に手を出すタイミング(私の場合)

無料で出来るはずのネットビジネスでお金を使うのは勇気がいりますが、必要経費だと私は思っています。

ですので、私がお金を出すタイミングは「必要」と感じたときです。

私の出費についていくつか例としてお話しいたします。

レンタルサーバーと独自ドメイン

これらについては割りとすぐに契約しました。
エックスサーバーとエックスドメインです。

私の中で「無料ブログとその記事はサービス会社の資産になってしまう」「ブログ削除の危険性」の2点で即決でした。
自分の資産を守るということが私にとっての必要性だったということですね。

もちろんWordPressが初めてで使えるかどうか不安でしたし、初期のアクセスもコミュニティなどがある無料ブログのほうが優れている点も理解はしていました。

それよりも初心者だからこそ、どんな記事がルール違反になるのかがわからない不安がありました。

また無料ブログでも私には勉強が必要でしたので、どうせやるなら自分の管理下でやろうと考えました。

*今はある程度知識もありますので無料ブログも利用しています。

 

ワードプレステーマ

Simplicityのときにデザインにこだわってしまい、そこに無駄な時間を費やしていました。

またネットで調べているうちにデザインの良いブログにいくつか出会い、それがストークだったので羨ましいと思った瞬間に購入でした。

CSSを知らない自分がそれなりのデザインに背伸びしたいというのが必要性になっています。

無料のSimplicityがかなりの優れものなので高い出費だったかもしれませんが、それからモチベーションを高くして記事を書き続けることが出来ているので良い買い物をしたと思っています。

 

情報商材

キュレーションサイト系情報商材をアフィリエイトを初めてすぐに購入、コピーライティング系情報商材をビジネスの壁にぶつかったときに購入しています。

キュレーションサイト系情報商材は、やってはいけない「セールスレターにのせられて購入」というものです。

結局手を出さずに終わってしまっているので失敗だとも言えますが、付属していた初心者向け特典と、アフィリエイターの特典&サポートが良かったので結果的にいいスタートを切れるきっかけになっています。

 

もう一つのコピーライティング系情報商材は「ミリオンライティング」です。
情報商材というより電子書籍で分類したほうがいいかもしれませんが。

この購入は大正解で、安いですし学んだ技術を実践することで報酬に繋げているのでしっかり元を取っています。
今でも繰り返し読んでいますしね。

購入時期はアフィリエイトをしていくときに「誰でも」「簡単に」というものは存在しないということがはっきり分かり、自分の中で勉強を避けて通れないのはコピーライティングSEOだという考え方になったタイミングです。

この頃には情報商材に免疫が出来ていますので、冷静に時間を掛けて良いものだけを購入出来るようになっていました。
ライティングについては書籍も購入していましたが、アフィリエイト独特の「売れるライティング」「アクセスを伸ばすためのライティング」についてはこのミリオンライティングが一番よくまとまっています。

 

以上を振り返りますと、購入に至る経緯として「無料ではこの先ビジネスが伸び悩む」という限界を感じたタイミングが購入時期としてよいのだと思います。

購入に対しても納得感がありますし、知識と経験もありますので良いものを選ぶことが出来るでしょう。

 

最後に

あなたに合うアフィリエイトスタイルが決まるまでは無料で大丈夫です。
調べることにお金を使う必要はありません。

立ち読み&ネットだけで情報収集はできます。
無料サービスだけでもある程度までやっていけるでしょう。

ただ無料に大きなデメリットがあるとするならば、それはリスクがないのでいつでも方向転換できてしまうことだと思います。これはメリットのようで、実は大きなデメリットです。

「別の手法の方がよかったかも」と報酬発生までに不安になるまでは誰にでもあることですのでよいのですが、今やっていることを自分が信じていないのであれば、どんな方法でも結果は出ません。

そして無料でやっていると報酬発生時期は当然遅くなりますので、忍耐も必要になるでしょう。

もちろん自分のやるべきことがはっきりしていれば、投資は究極の時間短縮術であり、売上加速術です。
トレンドアフィリでサイトの量産をしている人がドメインの購入を迷っていてはチャンスを逃します。
情報商材アフィリエイトをする人が情報商材を持っていないのではレビューも出来ません。
手法にあった投資はタイムリーに行いましょう。

あなたのビジネススタイルが決まり、ビジネスを成長させるためにその必要性を明確に感じたときには迷わす投資していただきたいと思います。

具体的に必要性を感じるのはあなたが成長している証拠でもあります。
あなた自身もビジネスも、その成長のリズムを崩さず波に乗り続けるのはアフィリエイトをモチベーション高くやり続けるコツでもありますので。

 

以上、「アフィリエイトは無料の限界を感じるまで有料サービス、有料教材に手を出してはいけない」というお話でした。