ライバルの検索キーワードにアクセスアップの答えがある

アクセスが伸びない。でも何をキーワードにしてどんな記事を書けばアスセス数が増えるのかもわからない。
私はこのようなことで悩み続けていた時期がありました。

SEOを中途半端に知ってしまい、続けるどころかスタートすら出来ない状況だったのです。
そして自分で思いつく限りのキーワードを考えながら、自分の戦うフィールドを探していたのですが効率が悪すぎます。

自分の戦うフィールドとは、ブログのテーマ=キーワード(三つぐらい)のことです。
脱毛なら「脱毛」「メンズ」「クリニック」の組み合わせや「脱毛」「クリニック」「口コミ」の組み合わせなどですね。

この三つのキーワードがあなたのブログのテーマとなり、そのキーワードで検索された場合に1位を取りに行くべきキーワードとなります。

しかしこの組み合わせを一から考えていたのでは時間がいくらあっても足りませんし、ターゲット層が実際に検索する言葉なのかどうかもわかりません。

ブログのテーマを具体化できて、かつ上位表示させるキーワードはどう見つければよいのか。
今回はこのブログテーマを具体化するためのキーワード選定方法(無料)をお話いたします。

もしあなたがこれまでに意識してやってきたブログのテーマやキーワードが上手くアクセスに繋がっていないようであれば参考にしてみてください。

事前にGoogle AdWordsの登録が必要です。登録方法はすみません、ググってください。

 

キーワードプランナーでライバルチェックを行い、検索キーワードを抜き出す

まずブログテーマとなるキーワードを一つ決めます。今回は例として「脱毛」とします。

このキーワードをGoogle(またはYahoo)で検索します。

結果は1位がミュゼ、2位と3位がアフィリエイトサイトでした。

これらのサイトがビックキーワードの「脱毛」では大きなライバルということになります。
そんなビックキーワードで戦えばこれらの強豪サイトに勝てず検索上位に表示されませんので、別のキーワードと組み合わせていくことが必要になります。

そのキーワードは、脱毛に関心のある人が実際に検索しているキーワードであるほうがもちろん良いので、それをキーワードプランナーを使って抜き出していきます。

その手順は次のとおりです。

1.先ほどのミュゼのURLをコピーしておきます。

2.次にキーワードプランナー「新しいキーワードの選択と検索ボリュームの取得」に下図のように「脱毛」と1位のサイト(ミュゼ)のURLを貼り付けます。

キーワードプランナーはGoogle AdWords⇒運用ツールにあります。

3.「候補を取得」という青いボタンが下にありますので押して検索します。

4.そうするとこのミュゼのサイトが表示されるときの検索キーワードが一覧になって取得されます。

5.このキーワード一覧をダウンロードして完了です。

同様に、2位から10位ぐらいまでこの作業を繰り返します。

そうすることで、脱毛というテーマで上位に検索されるために必要なキーワードが入手できるというわけです。

 

キーワードプランナーで集めたキーワードからさらにテーマを具体化する

10位までのサイトからキーワードを集めると、様々なニーズが見えてくるようになります。

・ミュゼ、脱毛、全身、口コミ
・全身、脱毛、安い
・家庭用・脱毛器
・男性、髭、脱毛
・脱毛、仙台
・脱毛、サロン、クリニック、違い

どうでしょうか。
見えてくる人間像が少しずつ違っていると思いませんか。
知りたいことがそれぞれ違っていますよね。

アフィリエイトブログは訪れるお客様のニーズに合った情報と商品(サービス)を提供しなければなりません。

全部のターゲット層に向けて全ての情報を網羅することは非常に大変ですし、幅広いキーワードで1位になることも困難です。

つまりあなたのブログテーマをこれらのキーワードから具体的に絞り込むということです。

あなたがブログに訪れて欲しいお客様のイメージを具体的にする、限定的にすることで、そのお客様にとって「そうそう、それ私のこと言ってる」という共感をいただくことが出来ます。

そしてそれはお客様にとって必要なブログになるということに繋がります。

「大阪で男性のヒゲ脱毛の情報はこのブログが一番詳しいなあ」
このような狭い範囲でのニーズをまず攻めていきましょう。
(あくまでも例えですのでそのままやらないでくださいね^^;)

記事の書き方としては大阪・男性・ヒゲ・脱毛という言葉をふんだんに使い、Googleに対してあなたのブログのテーマ、専門性を伝えていきます。

記事の質も量も良くしていくことで、これらのキーワードで検索されたときには1位を取れるようなれます。

総アクセスは少ないですが上位に表示され、ブログで提供する情報や商品もそのキーワードで検索したお客様のニーズに合っていますので結果的に成約に結びつきやすくなります。

キーワードの組み合わせでの検索順位はこちらの記事の無料サービスなどを使ってみてください。

初めは難しいかもしれませんが、続けることでご自分のやり方が固まって簡単になりますので是非挑戦してください。

 

同じ言葉でも表記方法によって検索数は違う

キーワードの補足になりますが、同じことを意味するものでも表記が違えば違う単語になり、検索数が違ってきます。

例えば「ヒゲ⇔髭」「男性⇔メンズ」などです。

http://aramakijake.jp/ より

また調べたいことばが不明確な場合でもとりあえず検索してきますので、それによって検索順位は違ってきます。

例えば「サロン⇔クリニック」「脱毛器⇔脱毛機」などになります。

どの表記を使うかによって検索順位が違ってきますので、あなたの感覚ではなく実際の検索数を調べてどちらが良いかを把握し、ブログテーマのキーワードとして選択しましょう。

 

以上、「ライバルの検索キーワードにアクセスアップの答えがある」というお話でした。