【サイト設計】記事のタイトルを先に決めることで一貫性のあるブログを効率的に作れる

アフィリエイトを継続するためには記事を書き続けることになるわけですが、書いているうちに言いたいことがブレてしまったリすることが出てきます。

それは知識が増えたせいでもあって良いことでもあるのですが、やはりブログの主張に一貫性がなくなってしまうことにもなりますので出来れば避けたいものです。

記事を書くこと自体に慣れていないうちはまず書くことが大切ですが、ある程度慣れてきたらあなたのブログをどのような主張で統一したいのか、何をキーワードにしてお客様に価値を提供していくのかを考えていくとよいでしょう。

今回はそのような記事投稿に慣れてきたタイミング、あるいは新しいブログ(サイト)を立ち上げるときに必要なWebサイトの設計段階のお話をしたいと思います。

あなたの主張を、どのような記事の構成によって表現するのか。
どのようなカテゴリーで、何記事ずつ作る予定なのか。
それを先に決めておくことが大切です。

 

ツールなどを使って主張したいことを全て書き出す

なんとなく書きたいことはあなたがジャンルを選んだ時点であるのだと思います。
ただそれをなんとなく、書きたい順に書いているとブログが育っていくうちにテーマがぼやけたり、ブレたりしてしまい何を伝えたいブログなのかがわかりにくくなります。

また何を伝えたいブログなのかわかりにくいということは、アフィリエイトしようとする商品にお客様(読者)の購入動機が繋がりにくく、成約しないということでもあります。

ですのでまずはあなたの主張をどのような記事でブログとして形にするのか。
それを具体的に決める必要があります。

具体的にというのは、記事タイトルのことです。

主張したいこと、提供したい情報をまず先に、記事ごとにタイトルだけ作っていきます。

方法としては小さなメモ帳に書いていってもいいですし、エクセルを使ったりしても構いません。
注意しておきたいのは、タイトルの修正やカテゴリー分けの修正が後で入る可能性があるということです。

私は書いた内容をあとで移動しやすいのでXMindというフリーソフトを使っています。
マインドマップ用のソフトですので自分の考えを書き出し、整理する作業のときにはよく使います。

このブログの設計段階で、カテゴリー名や記事タイトルを具体的に書き出していき、あとでカテゴリの調整をしています。

こうやってブログの全体像をイメージしておくとおおよその完成イメージが出来ますし、それがアフィリエイトというビジネス構造になっているのかも確認出来ます。
つまり商品を買ってもらえる構造のブログになっているかということですね。

記事の内容や各カテゴリーのボリュームに対してアフィリエイトする商品の関連性が低ければ、やはり成約には繋がりにくくなってしまいます。

タイトルを実際に用意してみると、意外と記事のテーマにかたよりがあるのを見つけたり、わかりやすい分類方法を発見出来たりしますので、早い段階でやっておくことをおすすめします。

 

記事タイトルが決まっていれば作業が効率化する

記事タイトルが全て決まっていると、作業が大幅に効率化されます。
その理由は、

「今日は何を書こうか」「どんなブログにしていこうか」

などの悩みから開放され、単純作業として続けることが出来るからです。

エクセルやXMindなどはその記事に必要なメモやハイパーリンクを差し込んでおくことが出来ますので、どのような内容を書くか、どのサイトを参考にするのかまでメモしておけばさらに単純作業化されます。

もちろん定期的な更新をしていくためにはいつか記事ネタに苦しむタイミングはありますが、まずはアフィリエイトするために必要な記事(30〜50程度)を用意できれば、ブログとして一つの完成形になります。

完成形になってから追加の記事をその必要性によって書いていけばいいわけです。
必要性というのは教育記事や集客記事などがその主たるものになろうかと思います。

記事の種類についてはこの記事を参考にしてみてください。

ブログの記事をいくら増やしてもアクセスが増えない、売上が上がらないということはないでしょうか。 ブログは自由に記事が書きやすい仕組みになっているため、ネタさえあれば投稿数を増

 

このサイト設計のプロセスには時間を掛けてよい

やっていただければわかりますが、記事タイトルを全て書いてみる作業は意外と苦労します。
なんとなくは書きたいことをイメージしているものの、具体的なタイトルにすることは難しいものです。

キーワードを意識しすぎるとタイトル決めが進まない場合もあるので優先順としては(1)タイトルを全て決めること、(2)キーワードを意識することにしてください。

私は新しいサイトを作るときにはこの設計の作業にしっかりと日数を掛けてやっています。
もちろん書こうとする記事を書き始めてもよいのですが、カテゴリー単位の記事ボリュームやキーワード単位での記事のボリュームなどもあらかじめ知っていたほうが良いと思っています。

それはやはりライバルサイトがどのようなキーワードで、どのようなターゲット層を狙っているのかということを知ることが検索エンジンからのアクセスアップには必要なことだからです。

ブログのタイトルや記事のタイトルはあなたのブログの「狙い」そのものです。

検索エンジンにどのような価値を提供しているブログとして認識して欲しいのか。
それを伝えるひとつの手段がブログのタイトルや記事のタイトルです。

そしてそのタイトルで来てくださったお客様が必要としている情報をしっかり提供する。
そうすることでそのお客様はブログに長い間居てくれますし、再訪問もしてくれるようになります。
それがまた検索エンジンの上位表示にも繋がります。

 

まとめになりますが、以上のようにあなたが主張したいこと、お客様に提供したい価値、ブログタイトル、記事タイトル、記事の内容がすべて一貫性を持っていることで検索エンジンからもお客様からも評価されます。

記事をどんどん書いていく努力はもちろん大事ですが、ブログの構成を初期段階でしっかりイメージしておくことで無駄な作業をしなくてすみますし、書くべき記事とタイトルが決まっているとモチベーションに関係なく作業が進められます。

無駄のない、お客様に必要な記事を書き続けるためにも、記事タイトルとそのカテゴリーをしっかり考える時間を作ってみてください。

このサイト設計というプロセスはとても大事ですので、時間をじっくり掛けて構いませんよ。

 

以上、「記事のタイトルを先に決めることで一貫性のあるブログを効率的に作れる」というお話でした。