【超まとめ】アフィリエイトでやるべきアクションと順序|物販商材&情報商材対応

ノウハウを集めるのは大切ですが、「アフィリエイトって、何をやればいいのかわからなくなってきた・・。」ということになってしまってはいないでしょうか。

アフィリエイトは「正しく始めて正しく続ける」ことが成功の秘訣ですが、まずはあなたがこれから行うことの全体像をイメージ出来ていないと無駄な作業をしてしまったり、必要のない勉強をしてしまって「頑張っているのに結果が出ない」ということになりかねません。

今回はアフィリエイトでやるべきアクションを順序立てて一覧にしておきたいと思います。
是非これからの活動にお役立てください。

アクションリスト【超まとめ版】

物販アフィリエイト、情報商材アフィリエイト共通で使えるようにしています。
また便宜上、ノウハウ系(恋愛やダイエットなど)は物販商材アフィリエイトとし、情報商材アフィリエイトは「アフィリエイトで稼ぐ方法」のみとして分類します。

ビジネスプランニング

手法の決定

1)物販商材アフィリエイト(物・サービス・ノウハウ)
・ペラサイト
・小・中規模サイト
・特化ブログ

小さいサイトほど量産が可能ですのであなたが得意なジャンルがあればとりあえず1サイト作ってみて損はありません。ただし強豪がひしめくジャンル、キーワードでは中古ドメイン、自演リンクなど資本力の戦いにもなりますのでスモールキーワードによるスキマ狙いがよいです。

サイトを大きく育てる場合は高い報酬の商品か、または複数の商品が扱えるテーマのサイトやブログにしましょう。

2)情報商材アフィリエイト
・情報商材アフィリエイトブログ

高い報酬単価とほぼ100%の承認率が大きなメリットです。デメリットは信用やブランディングが必要なので初報酬までの時間が物販アフィリに比べ遅くなります。また高い報酬=仕入れも高いということになります。

3)その他
・Google AdSenseブログアフィリエイト
・YouTubeアフィリエイト
・キュレーションサイトアフィリエイト
など

3)その他の手法は個別の対応になる為、以下に続く項目には直接関連しません。

扱う商品の決定

1)テーマ(美容)・ジャンル(エステ)・商品(ミュゼ)
・自分の強み(または弱み)を活かせるか
・30記事程度すぐに記事が書けるか

記事の書きやすさ、サイトの作りやすさで言えば商標キーワード(商品名)です。商品の信用もあり、市場も大きいのでサイトの質がそれほど高くなくても成約します。
あなたに経験や知識のあるジャンルで30記事程度書けそうなイメージを持てるものを選んでみましょう。

情報商材アフィリエイトの場合は扱う商品がほぼ決まっているため、キーワードやターゲット、ブランディングなどで差別化を行います。

2)販売計画
・報酬単価 X アクセス で1サイトあたりの売上をイメージしておく
・予定報酬金額になる市場がありそうか、マイナー過ぎるジャンルや商品ではないかに注意

単価が低く、アクセスもそれほど見込めない商品では気持ちが続きません。初めての場合は稼げる、稼げないよりもワクワクするかどうかで商品を選ぶほうがよいです。

キーワードとターゲットの決定

1)検索上位を狙うキーワード
・複合キーワードでいくつか用意する(エステ+40代+足痩せ / ミュゼ+40代+足痩せ etc)
・ターゲット(お客様)を具体的にイメージし、キーワードと関連性を持たせる

このキーワードはサイトのテーマやポリシーであり、記事の軸にもなる部分ですので主張の一貫性があるサイトにするためにもしっかり考えましょう。

2)ライバルサイトのチェック
・上位を狙うキーワードで強豪ぞろいならそのキーワードは避ける
・商品を変える必要はない(キーワードで隙間を狙う)

検索上位を質の高い販売系サイト、質の高いアフィリエイトサイトが占有している場合はキーワードをズラす必要があります。後から記事タイトルを変更するのは大変ですので必ず事前にライバルチェックをしましょう。
同時にライバルサイトの良い部分は参考にすべきです。なぜ良いと感じたのかを考えることが重要です。

ストーリーの決定

1)サイト(ブログ)のテーマと商品の関連性
・記事(=ユーザーの求める情報)の先に商品の販売が繋がるか(基本は悩みの解決策=商品)

2)サイト名(ブログ名)・ドメイン名の決定

ドメイン名は後で変更することが出来ません。サイトテーマに変更の可能性がありそうなら汎用性のあるドメイン名にしておきましょう。

3)ブランディング
・ライバルとの差別化をどうするか
・運営者の個性をどう出すか(サイトアフィリは運営者の個性が無くても可能)

4)記事タイトルの作成
・30記事程度、予定している記事のタイトルを仮決めする
・各記事がサイトテーマからずれていないか確認する
・記事間で主張が矛盾しないか確認する(複数の商品を扱う場合は特に注意)
・このタイトル作成が進まないようであれば扱うテーマとしては苦しい

ユーザー(お客さま)の役に立つ記事を書きながらも、それらに主張の一貫性があり、最終的に商品の購入につながるストーリー性が必要です。商標キーワードによる物販アフィリエイトでは簡単ですが、ミドルキーワードの物販アフィリエイトや情報商材アフィリエイトでは複数の商品を扱うので主張の矛盾に気をつけてください。

サイト構造の決定

1)トップページ
・新着記事ページスタイル(ワードプレスのデフォルト)
・サイトマップページスタイル(カテゴリなどでサイトの全体像を分かりやすくしておく)
・売り込み記事スタイル(商標キーワードのサイトの場合、1商品=1サイトなのでこのスタイルがよい)

2)グローバルナビ
・ユーザーにアクセスしやすくしておく記事は何か
(物販サイトならメリットやキャンペーン。情報商材ブログならプロフィールやおすすめ商材など)
・お問い合わせ用のメールアドレスも必要

3)カテゴリー
・どのような記事をどのようなカテゴリ分けで作るか
・サイトテーマから遠すぎる記事はないか

これらをひとつひとつ考えるというよりは、お手本サイトを見つけて構造を真似るほうがよいです。

サイトの立上げ

レンタルサーバーの契約

独自ドメイン取得

ワードプレス・ワードプレステーマ・プラグインの導入

記事の作成

記事は目的を持って3つに分けて書きます。その中でも教育記事は商品の必要性を理解してもらう重要な記事になります。教育記事を書く前に、まずは記事タイトルを全て用意して主張の全体像を確認しましょう。

売り込み記事

・行動させるライティング
・アフィリエイトリンクの貼り付け

教育記事

・物販商材ならメリット・デメリットなど
・情報商材ならブログテーマとなる主張(稼ぐためには何が必要のか)

集客記事

・キーワード重視のライティング

アクセス解析

新規ドメインですと2〜3ヶ月で解析する材料が集まります。上位表示を狙ったキーワードの結果も大切ですが、実際に訪問してきたキーワードに合わせてサイトをメンテナンスすることも重要です。

サーチコンソールの登録

・どのようなキーワードで訪問してきているか
・アクセスが多い記事はどれか

早くインデックスしてもらえるように、サイトマップも登録しておきましょう。それでも約2週間程度は掛かります。
またブラックSEOの場合、ペナルティ回避のためにサーチコンソールを登録しないほうが良いと言われています。

グーグルアナリティクスの登録

・訪問後にどのような行動をしているか

サイトのメンテナンス

SEO(集客・滞在)

・サーチコンソールの結果からアクセスを集めるためのキーワードを抽出
・新しいキーワードでの記事修正、追記
・ユーザーに必要な記事の追加
・内部リンクによる使いやすさの向上
・サイト構造の修正(カテゴリー、サイドバー、グローバルナビなど)
・最新情報の追加、古くなった情報の修正
・メタタグの修正
・アクセスが多い記事からの内部リンクによる別記事への誘導

成約率の向上

・ターゲットを具体化し、そのペルソナに合った売り込み記事への修正

売り込み記事に特に言えることですが、「私のことを言っている」と思ってもらえるライティングでなければ成約に繋がっていきません。それは限定的であるほど効果があります。
例えば広く「ビジネスパーソン」に向けて書く記事より、「毎日残業でくたくたで、家族と一緒に過ごす時間がないお父さん」に向けて書く記事のほうが当てはまる人の成約率は大きく高まります。

 

その他:情報商材アフィリエイトで行ったほうがよいこと

情報商材アフィリエイトはリピート率を上げることで大きく稼ぐことが出来ます。ターゲットを絞れば少ないアクセスでも稼げる為、下記のようなものでお得感と同時にコミュニケーションを図ることが有効です。

特典の作成

・メールサポート
・オリジナル特典
・購入者限定メルマガ
など

メルマガの設置

・運営者のプライベート的な情報
・教育記事(おさらい)
・ネット上にアップしにくい裏情報
・キャンペーン、新着情報
・ブログの更新情報
・売り込み記事

メルマガは一番伝えたいことを、読んで欲しい順番で発信することが出来るツールです。
広い情報発信もいいですが、ユーザーの悩みを解決するための情報と商品の紹介はその流れも意識して構成するとよいでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上、なるべく簡単にアフィリエイトでやるべきことを書いたつもりです。

ひとつひとつをさらに深掘りしたいところですが、手法によっても違いが出てきますのでそれは別の機会にしたいと思います。

 

追記:手法の組み合わせで大きく稼ぐことも可能

アフィリエイトは基本的にウェブサイトを作成する仕事です。そのため最大のメリットが、ある一定量の記事を投稿すればそのサイトは完成し、あとは放置しても報酬が発生し続けるというものです。ブログの場合も更新回数を落とすことが出来ます。

これがアフィリエイトが自動でお金を生み出す不動産ビジネスのように言われる理由ですね。
完成したサイトやブログはある程度のメンテナンスをしておけば報酬が発生し続けますので、空いた時間を別のことに使うことが可能になるわけです。

もちろんまずはひとつの手法でしっかり形を作り上げて欲しいのですが、報酬発生の流れがひとつ完成すれば次の例のようにビジネスが広がっていくことも往々にしてあり得ます。

  • サイトが完成したので同ジャンルで次のサイトを作った(基本形)
  • 小規模サイトをやっていたがチャンスを感じた商品、キーワードを見つけたのでペラサイトを作った
  • 小規模サイトのひとつに市場の拡大を感じたので中規模サイトに増強した
  • 物販商材アフィリエイトが上手くいったのでその経験から情報商材アフィリエイトを行った
  • 紹介している情報商材を実践したら大きく稼げるものがあったのでそこに注力した

アフィリエイトの王道は物販サイトの量産でしょうが、その経験をビジネスにしないのはもったいない気もします。
また情報商材アフィリエイトをしている場合は紹介している商材のノウハウを実践し、結果を出すことで報酬だけでなく、情報商材アフィリエイトブログに深みを出すことが可能になります。

これらの広げ方は自分の性格と合っているか、時間のコントロールが出来るかで違ってくるかもしれませんね。
セミナーなども効率が悪いビジネスですが、講師が楽しいのであれば全然ありですし。

アフィリエイトは人生を変えることが出来るビジネスですから、心の豊かさも大事にしたいものです。
効率よく稼ぐだけではつまらないです。税金もどんどん高くなりますし(笑)

楽しく続けましょうね!