【商品レビューの書き方】超簡単!キラーページのライティングテンプレート

アフィリエイトでコピーライティングが重要だとはわかっていても、どのようなことをどのような順番で書いたら良いのかわからない方が多いようです。
あるいは分かっているつもりでも商品説明をダラダラと書いてしまっていて、アフィリエイターではなく販売会社の開発担当者が書いているかのような記事になっていることが多く、非常に残念だったりします。

アフィリエイト広告が貼ってあるキラーページは商品レビュー記事になることがほとんどですが、その書き方はある程度決まったカタチがあります。
これは何か特別な裏ワザではなく、アフィリエイターなら最低限知っておかなければならないことですのでご紹介させて頂きます。

商品レビューはお客様に「気づいてもらうこと」が軸になる

レビューのテンプレートをご紹介する前に、商品レビューはどういった考え方を基本軸とするのかだけ先にお話ししておきます。

アフィリエイターの役割は販売会社のセールスページへ誘導し、購入してもらうことです。橋渡しが役割ですのでそのために必要なことは商品の詳しい説明ではありません。それはセールスページの役割です。

アフィリエイターとしての役割はお客様に「気づいてもらうこと」になります。その気づいてもらう内容は次のようなもので、それぞれをどう攻めるかで成約率も変わってきます。

もちろん物販アフィリエイトでも情報商材アフィリエイトでも大きな違いはありません。

◇商品レビューでお客様に気づいてもらうこと icon-hand-o-up 
  1. 私にはその悩みがある
  2. 私の悩みには解決する方法がある
  3. 今すぐ解決したほうがいい

これらをサイトに訪れたお客様が離れることなく最後までキラーページを読み、全て気づいてもらうことで成約に結びつけることが可能になります。

商品レビューの書き方テンプレート

サイトから離れることなく、全て気づいてもらうためには基本的な流れがあります。

◇商品レビューの流れ
  1. お客様の悩みの列挙
  2. 悩みの原因の提示
  3. 悩みの解決策の提示
  4. 商品の説明
  5. こんな人におすすめ
  6. お客様の声
  7. Q&A
  8. 今買わないと損する理由

1の悩みの列挙と2の原因の提示が「そうそう、それワタシ」という気づかせになり、記事への引き込み部分になります。
3から7まではその「ワタシの悩み」には解決法があり、紹介する商品がワタシにぴったりだという気づきになります。
そして8の今買わないと損する理由を気づいてもらうことで、そのままあなたのサイトから購入してもらいます。

それでは簡単に説明致します。

1.お客様の悩みの列挙

ここはレビュー記事の内容が自分事として感じてもらう重要な導入部分になります。紹介する商品のターゲットや運営するブログのターゲットによって提示する悩みの幅も当然違ってきます。

そしてその悩みを「〇〇ということはありませんか?」「私は昔〇〇だったんですが」「〇〇な人が最近多いですよね」などの表現を使って引きつけていきます。

どのようなテクニックを使ってもいいですが、目的は「そうそう、それワタシのこと」と気づいてもらうことです。

2.悩みの原因の提示

悩みの原因は生活習慣や知識不足など様々ですが、実はそれらのほとんどが行動やお金で解決可能です。紹介する商品にあわせて悩みの原因を伝え、次の解決策の提示へ繋げていきます。

ここでの目的も「そうそう、それワタシ」という共感や気づきになりますので、お客様の生活習慣や知識不足を否定してサイトからの離脱させるのではなく、「どうしたらいいの?教えて」と相談相手になれるようなスタンスで伝えていきましょう。

3.悩みの解決策の提示

03d9d78572efc654f14800da636448f7 640x278 - 【商品レビューの書き方】超簡単!キラーページのライティングテンプレート

ここからは「あなたの悩みには解決方法がある」ということを気づかせるフェーズです。

どうしたらいいの?と訊かれたら相談相手であるあなたとしては「努力」か「お金」での解決法を提案することになります。

もちろんアフィリエイトブログ、アフィリエイトサイトでの提案は「お金」での解決法になりますよね。「努力」で精神、体力、時間を浪費して結果が出るかどうかもわからないより、少しのお金を出すだけで簡単に解決する方法をあなたは提案できるわけです。

サイトのコンセプトもそれに近いものになっているでしょうし、そうでないお客様はペルソナとズレていますからお客様ではなく通りすがりの訪問者ですので無理に拾う必要はありません。

無理に拾う必要はありませんが、集客記事で拾っておいてお金を出すことの有用性を教育記事で伝え、キラーページへ誘導する流れは作っておきましょう。

4.商品の説明

ここではポイントだけを説明すればOKです。お客様が知りたいのは性能面ではなく、自分に必要かどうかです。
商品自体はどのようなものかが分かれば充分で、詳細が知りたいお客様はセールスページで読んでくれます。

メリットとデメリットはお客様が自分に必要かどうかの大切な判断基準になります。分かりやすく伝えましょう。
デメリットの表現はテクニックもありますが、あなたがそれでも購入した理由があるわけですからリアルに伝えたほうがよいと思います。

商品の説明は大切ですが、ここだけしか書かない人が本当に多いので気をつけましょう。

5.こんな人におすすめ

商品のメリットやデメリットを理解しても簡単に決断できるものではありません。「こういう人なら是非買って欲しい」というまとめをしてあげてください。シンプルに、箇条書きなどで表現したほうがよいです。

「おすすめしない人」にも効果があります。それに該当しなければ買う理由のひとつになるからです。そして当然ですが、買わないほうがいい場合があるのであればちゃんと伝えてあげるべきですよね。

ここまでのプロセスでほぼお客様の意思決定はされています。ですのでここでアフィリエイトリンクを貼って終わらせても構いません。

まだ迷っているお客様が他サイトで情報収集をしないように、お客様の声(口コミ)やQ&Aを用意しておくことも良い方法です。

6.お客様の声

既に使っている人がどのような感想を持っているのかは誰でも気になるところです。この段階で迷っているお客様に対しては口コミの数を揃えれば良いというものではありません。

お客様は自分が「おすすめしたい人」に当てはまっているかもしれないと思って続きを読んでくれているわけですから、意思決定の勢いは止めず、適度な情報量で終わらせておきましょう。

口コミを確認した、という事実があれば充分です。

7.Q&A

Q&Aはメリット、デメリットを違う角度で説明して理解してもらう役割もありますし、不安を解消して買わない理由を削っていく役割もあります。

お客様の不安を先読みし、解消してあげてください。またデメリットの説明同様、ウソや根拠のない期待もさせてはいけません。出来ないものは出来ないと正しい情報を提供しましょう。(返品や効果の保証など)

このQ&Aやお客様の声は販売会社のセールスページにも載っていることがほとんどです。セールスページも確認した上で必要性を判断してください。

8.今買わないと損する理由

記事の最後まで読んでくれたお客様は高い確率で商品を購入しますが、それはあなたのサイトでなければ困りますよね。
ここまで作った流れの最後にひと押し、今買わないと損する理由を説明しておきましょう。

今買わないと損する理由は価格であったり、効果を出したい時期に間に合わせる為だったり、若いほど効果があったり、まだ誰も持っていないプレミア感だったりと、やり方は色々あります。

商品の良さをどれだけ伝えても、あなたのページから買ってくれなければ意味がありません。従ってこの記事の最後にそのままセールスページへ行ってもらうクロージングが一番大切なわけです。

後から買ってもらえる場合もある

ここまでの説明のように引き込みから意思決定までの流れが重要ではありますが、最近はアフィリエイト自体の認知度が上がってきているのでユーザーの違った動きも見受けられます。

それはどういうことかと言いますと、「一番役に立ったサイトのアフィリエイトリンクを踏んで購入する」という行動です。ユーザーは役に立ったサイトの一時的なファンになり、感謝の気持ちを込めてアフィリエイトリンクと知りながら購入しているのです。

管理人の個性が前に出てくるアフィリエイトブログでは多いことですが、情報サイト型でもその情報の価値によってはアフィリエイトサイトだとわかった上で購入する時代にもなってきたということですね。

まとめ:レビューは説得ではない

今回は次のことをお話しして来ました。

◇商品レビューでお客様に気づいてもらうこと
  1. 私にはその悩みがある
  2. 私の悩みには解決する方法がある
  3. 今すぐ解決したほうがいい

◇商品レビューの流れ

  1. お客様の悩みの列挙
  2. 悩みの原因の提示
  3. 悩みの解決策の提示
  4. 商品の説明
  5. こんな人におすすめ
  6. お客様の声
  7. Q&A
  8. 今買わないと損する理由

商品レビューは説得ではありません。押し売りのセールスでもありません。

買ったほうがいい人に、気づかせてあげるのが仕事です。自分の使っているものを「この友人にならぴったり!一緒に使いたい」と思った理由は何だったかを思い出してみてください。

アフィリエイトは文章で伝えなければならないので、初めての人には難しく感じるかもしれません。

でもこのテンプレートを基本にして作っていけばおおよその正解レビューが書けます。続けているうちにあなたのオリジナリティも出てきますのでまずは基本を忠実に書いてみて下さいね。

以上、「超簡単!キラーページのライティングテンプレート」でした。