【特典付きレビュー】キーワード選定ツールCOMPASS(コンパス)の評価とおすすめの使い方

「記事を書いても書いてもアクセスが伸びない。」私はこの時期がほんとうに長かったです。

気合だけはあったので、なんとなくアクセスが集まりそうな言葉で記事を毎日毎日書いていました。でもその結果ほとんどアクセスが集まらない。集まっても違うキーワードからの訪問。。アフィリエイトのセンスが無いのかと思いました。

「素人でも努力さえすれば稼げるのがアフィリエイトの良いところじゃなかったの?」

ほんと裏切られた気分でしたね。でもそのおかげで少しSEOのことも考えて書くようになりました。

初めは記事の数がないとそもそも話にならないのでまず書くことが大切ですが、記事を書くことに慣れたらあなたには稼げるキーワードを使って書いて欲しいです。

アフィリエイトは後発組でも余裕で稼げるビジネスなんですが、その理由のひとつはアクセスを集めるキーワードの組み合わせがが無限にあるからです。

ただその選んだキーワードがライバルだらけだと稼げないですし、逆にちょっとずらすだけで簡単にアクセスが増えたりします。

多くの人が検索するキーワードだけれど、それを対策しているサイトが少ない。

これが実は無限にあります。言葉の組み合わせは星の数ほどあるからです。
でもそれを探すのには時間が掛かりますし、初めての方だとその方法すらわかりません。

私がよく分かっているかというとそうでもありません。正直ツールに頼りきっています。
ツールと言っても難しいものは私も苦手ですので、機能はすばらしいけど使い方は簡単なものを選んで使っています。

今回はそんな私の使っているキーワード選定ツールCOMPASS(コンパス)というものをご紹介します。

COMPASS(コンパス)で出来ること

COMPASSには大きく三つの機能があります。

COMPASSの機能
  1. キーワード選定機能
  2. サイト順位チェック機能
  3. ライバルチェック機能

これらは私たちアフィリエイターがやらなければいけないことだけど面倒でやっていないことのワンセットみたいなものですね。

今でも耳が痛いですが私は100記事ぐらいまではほんとうに全くやっていませんでした^^;

やったほうがいい理由は明確ですよね。

  1. キーワードを論理的に選ぶ→ライバルを避けながらアクセス数を稼げるキーワードで戦う
  2. サイト順位チェックする→狙ったキーワードで書いた記事が成功したかを確認して次の記事に活かす
  3. ライバルチエックする→戦えるのかどうか判断する、戦う場合は効果的な対策を打つ

全部やるのは大変ですが、少なくともキーワード選定だけはきちんとして無駄な労力を使わないようにしたいところですね。

それでは具体的にどのような機能なのか、ひとつずつ見ていきましょう。

ここでは例として、あなたが男性向け脱毛関連のサイトを作っていると想定します。

キーワード選定機能:活用優先度

これはあなたの狙うキーワードに関連する言葉を見つけてくれる機能です。

「脱毛 男性」と入力して検索すると「脱毛 男性 レーザー」「脱毛 男性 体験」など、実際に検索されている言葉の組み合わせが出力されます。表示まではかなり早く、ストレスはありません。

これだけならWebサイトでも無料サービスがいくつかあるので大したことでもないですが、このまま「稼げるキーワード」の選定が出来るのがウリです。

先ほどたくさん出力されたキーワードの組み合わせからどれを選んで記事を書けばいいかを決める必要がありますよね。

そこでこのまま「解析開始ボタン」を押すと次のような結果が出ます。

少し大きいので大事な部分を拡大するとこのようになります。

ここの「inTitle件数」「allinTilte件数」が稼げるキーワードの決め手になります。この意味ですが、

inTitle:ページタイトルに対象キーワードの一部が含まれる
allinTilte:ページタイトルに対象キーワードの全部が含まれる

これは言い換えると、

inTitle:キーワードを使う必要性(=検索頻度)
allinTilte:そのキーワードで対策しているライバルサイト数

このようになります。

つまり狙い方としては

inTitle:キーワードの検索頻度が多いのに
allinTilte:ライバルサイト数が少ない

このキーワードの組み合わせを見つけることになります。

「男性 脱毛」だと inTtle(531,000)、allinTilte(56,900)で10分の1になり、ライバルとの戦いは避けられない割合となるのですが、「男性 脱毛 足」に逃げれば inTtle(20,3000)、allinTilte(280)で725分の1になるので簡単になる可能性が高くなるということになります。

このようにキーワードのスキマを見つける、稼げる可能性の高いキーワードを誰でも簡単に見つけられるのがCOMPASSの良いところですね。

単純に数字だけで決められるものではありませんが、COMPASSでは上位サイトのURLもわかりますので実際にライバルサイトを見てから判断すればよいと思います。

大事なのでおさらい!

稼げるキーワードの選び方

inTitle:キーワードの検索頻度が多いのに
allinTilte:ライバルサイト数が少ないもの

トレンドキーワードもサクサク

キーワード検索機能にはトレンドキーワードを抽出する機能も付いています。

条件を設定すれば一気に処理できるのがツールのいいところですね。

サイト順位チェック機能:活用優先度

この機能の使い方や使用方法は次のとおりです。

サイト順位チェック機能
  • URLとキーワードを登録することで検索表示順位(Google、Yahoo)を確認可能
  • 順位の取得は毎日自動更新
  • 順位の変動をグラフ化

ですのでキーワードを決めて記事を書き、登録さえしておけば後は作業がありません。登録も集客用の記事だけでいいと思います。

集客の為に記事を書こうとしてこだわり過ぎると記事が書けないという本末転倒なことになってもいけませんので、この機能はそれなりに記事が増えてからにしたほうがいいです。

最悪使わなくてもいいですが、せっかく稼げるキーワード選定をしたのにその結果がどうだったのか、チェックしないのはもったいない気がします。

どういった基準でキーワードを選び、どう記事にしたときに検索で上位表示されるのかが理解出来ると次に書いていく記事がどんどんアクセスを呼ぶ記事になっていきます。

自分で行った効果測定は誰にも真似できない一生もののスキルになるので是非嫌がらずにやってほしいですね。実際にやることは簡単です。

  1. 記事のURLと狙ったキーワードをCOMPASSに登録する
  2. 順位の結果を見る
  3. 順位が上がった記事、上がらなかった記事を分析する

このようにSEOを肌で感じるためにいくつか集客目的の記事を書いてみることをおすすめします。

ライバルチェック機能:活用優先度

ライバルサイトの被リンク数やドメインの強さを数値化してくれる機能です。

ただ私はこの機能を正直ほとんど使っていません。

理由としてはキーワード選定時にライバルサイトを見に行っているので、そのライバルサイトの強さを別の数値で表されも関係ないからです。

サイト量産系で記事数が少ない場合は被リンク数勝負などもあるでしょうが、そこまで札束でブラックSEO勝負するならもっと高額のツールのほうがいいと思います。

COMPASS(コンパス)のメリット・デメリット

機能をご紹介してきましたが、私はメリット・デメリットを次のように感じています。

メリット

COMPASSのメリット
  1. シンプルで初心者にも使いやすい
  2. 処理が軽い、速い
  3. PCとスマホの順位が同時に分かる
  4. サイト順位チェックが自動
  5. 買い切りでお財布に優しい
  6. Macに対応している

一番知りたい情報のinTitle、allinTitleがGoogle、Yahoo、PC、スマホそれぞれを同時にサクサクと処理してくれるだけで満足の一品という感じです。

キーワード選定ツールが初めての方でも安心して使える、シンプルで分かりやすい設計にもなっています。

デメリット

COMPASSのデメリット
  1. 70件に15分のブレイクタイムがある
  2. サイト順位の自動取得はツールを立ち上げておく必要がある

ブレイクタイムが一番のデメリットでしょうね。

70件の処理をすると15分間の「待った」が掛かります。これはGoogleとYahooを別でカウントするので実質35件ですね。裏ワザはマニュアルに書いてありますがそこそこ面倒です。

私の場合は検索を繰り返すことはあまりなく、その先の解析をしてキーワードの選定をしている間に時間が経つのでこのブレイクタイムは関係ありません。
でも無制限に検索したい場合はこのような買い切りタイプよりGRCなど月額のライセンス契約型の方がいいと思います。

もうひとつのデメリットはサイト順位の自動取得の為にツールを立ち上げておく必要があることです。

ただ私は仕事終わりにMacBookをスリープモード(蓋を閉じただけ)にしているのですが、自動更新はされているので何も問題ありません。

おすすめの使い方

稼げるキーワードを発掘するツールとは言え、キーワード探しだけしていては全く稼げません。
時間を短縮するためにツールはあるので、お宝キーワードを見つけたらしっかり記事を書きましょう。

おすすめの使い方としては

  1. メインキーワードを決める「脱毛 男性」
  2. キーワード検索機能を使う
  3. 出力されたキーワードから自分のサイトに関係あるキーワードに絞る
  4. 解析する→「脱毛 男性 〇〇」「脱毛 男性 ▲▲」・・・
  5. inTitleとallinTitleのバランスからキーワード候補を絞る
  6. ライバルサイトをチェックし、キーワードを決定する
  7. 決定したキーワードを軸に記事を書く
ライバルをチェックするときは明らかに敵わないようなサイトが並んでいないかを見たり、参考になる記事からそのジャンルを深く学ぶなどのことを行います。

強いライバルが居るということは狙い目のキーワードであることは正しいので、力を付けてからチャレンジしましょう。

小・中規模サイトの場合はサイト設計段階から

サイトを1から作るときは更に効果が大きいのでサイトタイトルを決める前に使ってください。

5.inTitleとallinTitleのバランスからキーワード候補を絞る

この過程でいくつか候補が出ると思いますが、コンテンツとしてズレていないのであれば全部記事タイトルに使うキーワードとして使うと集客チャンスが広がります。

情報商材アフィリエイトは集客記事だけの利用でもOK

管理人の個性やブランディング、考え方などが重要な情報商材アフィリエイトの場合は集客記事だけで使えばOKです。

もちろんユーザーの知りたいノウハウやその流入キーワードも大切ではあります。でも伝えたいことや個性のある主張が表現できなければ意味がありませんので、明らかに集客目的の記事でない場合は気にせずに書いたほうがいいと思いますよ。

おすすめしたい人

COMPASSをおすすめしたい人
  1. 自分で考えたキーワードでアクセスが増えない
  2. ライバルのスキマを狙う方法が分からない
  3. SEOにあまりお金を掛けられない

「こんなに頑張って書いているのにどうしてアクセスがないんだろう」という頑張り屋さんというか、空振り屋さんです。

私もキーワードという言葉に“もやっと”しながら記事を書いていると迷いがどんどん強くなって記事が崩壊することがありました。アクセスどころか何を言いたい記事なのかすらわからない始末です。

「このスキマを狙ったキーワードでアクセスを集める記事を書いて、このページに誘導して報酬発生に繋げよう」

こんな明確な理由を持って記事を書いて欲しいです。

ですので記事をそれほど書いていない人にはまだ早いと思います。キーワードの制限を付けて書くのは好きなことを書くことに比べて10倍難しいのでまずは書くことに慣れておきましょう。

他のツールとの比較

このCOMPASS(コンパス)は販売元であるCatch The Webのキーワード選定ツール三兄弟の次男に当たります。

商品名Pandora2COMPASSキーワードスカウターS
価 格(税込)29,800円8,618円5,378円
Mac対応
(1)キーワード選定機能
キーワード発掘機能
関連キーワード取得
トレンドキーワード取得
上位YouTube動画解析
(2)サイト順位チェック機能
サイト順位自動チェック
過去データ記録
グラフ化
ジャンルグルーピング
ラクラク乗り換え
(3)ライバルチェック(URL解析機能)
ライバルサイトチェック

長男のPandora2(パンドラ2)が高額なのはこれ以外にPPCアフィリエイト向けの独自機能が加わっているからです。
出稿広告からライバルサイトを丸裸にするというこれらの機能は広告費を払ってアフィリエイトをする場合は強力なツールになります。

しかしそれ以外の人にとっては割高に感じる為、COMPASS(コンパス)かキーワードスカウターSで比較することになります。
この二つのツールの違いは、サイト順位チェック機能とMac対応の違いです。

COMPASS=キーワードスカウターS+サイト順位チェック機能 ということですね。

価格差が3,000円ありますのでサイト順位チェック機能にその価値を見いだせればCOMPASSを選べばよいでしょう。
順位チェックの必要性を感じず、Windowsパソコンで使うのであればキーワードスカウターSで充分です。
Macの方はCOMPASS一択ですね。

私はMacなのでCOMPASSですが、サイト順位チェック機能は狙ったキーワードで上位表示できるかという実力試しの要素があって素直に楽しいです。上手くいかないことも多いですが(笑)

総評

お買い得度
初心者おすすめ度
中級者おすすめ度
早く稼げる度
長く稼げる度

キーワード選定ツールは高額かつ年間ライセンス契約が多い中で、買い切り型のCOMPASSは最初に使うツールとして良い選択だと思います。

あなたがこれまでなんとなく決めていたキーワードは検索されないキーワードだったかもしれません。もしくは強すぎるキーワードで強豪ライバルのレッドオーシャンに飛び込んでしまっていたのかもしれません。

ツールを使うことでライバルのスキマを狙ったあなただけの稼げるキーワードが見つかります。

ツールで短縮出来た時間は記事投稿やライティングの学習に使って、しっかり報酬に繋げていきましょう。

以上、COMPASS(コンパス)のレビューでした。

オリジナル特典について

無期限メールサポート

アフィリエイト全般をサポートさせて頂きます。

回数・期限無制限ですのでどうぞ気兼ねなくご連絡ください。

アフィリエイト式タイムマネジメント

アフィリエイトにおける時間の使い方についてレクチャーしているオリジナル特典です。

長く稼ぐ、そして権利収入にしていくための戦略を解説しています。(3万文字・42P)

特典の追加・更新について

体系的にご説明したいことや裏話などは特典として作成し、配布ページにて随時追加していきます。

購入時にお伝えしている特典配布URLパスワードは大切に保管しておいてくださいね。

特典付き購入のご確認方法

しゅうの特典付きになっているかは購入前の画面で確認できます。

この画面になっていれば特典付きで購入可能です。