「アフィリエイトは儲からない」初心者に不安を煽るネット情報とその処方箋

アフィリエイトは簡単な副業というイメージが多くの人を退場に追いやっています。

ブログを始めてもしばらくはアクセス数が伸びず、報酬も発生しないのが当然で、長い“仕込み期間”が必要です。

その長い仕込み期間に経験するのが、現状への迷いによる「情報のかき集め」と「振り回され」です。

サイトを良くしようとして情報を集めるのは正しい動きです。
ですが意見の分かれるネット情報に対して耐性がない間に、その情報に振り回されてしまうことだけは避けなければなりません。

ここではネットでよく見られる内容をもとに、その対処法を書いて予防しておきたいと思います。

 

「アフィリエイトは儲からない」

アフィリエイトはビジネスです。

昔と比べてちょっとしたノウハウだけで儲かる人がいた頃と違い、ビジネス色はより強くなったと言えるでしょう。
テクニックではなく、ユーザーに必要とされるサイトにならなければいけません。

儲からないと言っている人はビジネスに失敗した訳ですから、その人にとってアフィリエイトは儲からないのでしょう。
儲かっている人にとっては、嘘になりますね。ビジネスには必ず成功者と失敗者が存在します。

 

どちらの意見もその人にとっては正しいのです。ですからこの議論については

  • どれぐらいの収入が発生することを「儲かる」というのか
  • どれぐらいの期間までに収入が発生することを「儲かる」というのか

という基準を設けなければならないですね。

極論を言ってしまえば、アフィリエイトはちゃんとやれば一生掛けて一円も儲けることができないということにはなりません。

ただそんなゴールは誰も期待していないですよね。
でしたらこの掛かる時間と、金額を自分で短縮すればいいだけです。

 

アフィリエイトの「時間」は「作業量」

アフィリエイトで稼ぐとは

「作業量」X「技術」

だと考えています。「時間」は要素に含めません。

 

“1年掛かった”ではなく、“その人が一年でどれだけの作業量をこなしたか”、なのです。

報酬の発生までに365時間掛かるとすれば、一日1時間の作業をしている人は1年掛かるでしょう。
6時間している人は2ヶ月で結果が出ることになります。

 

アフィリエイトはリスクが非常に少ないビジネスです。

特にランニングコストがほぼ発生しないということは、達成期間をいつに設定しても赤字にならないことを意味します。

家賃と人件費が発生するビジネスをしている場合はその回収予定年月が必ず決まり、それまでに売上を達成しなければ倒産するのです。

 

倒産の可能性が無いアフィリエイトにおいて、稼げるか稼げないかの「0or1」議論は無意味です。

既にビジネスモデルとして確立されているわけですから、あとはどれぐらいのスピードでどこまで稼ぎたいか、あなたの可能な作業量を考えながら設定し、あとは行動するだけです。

 

達成時期を自分用にプランニングする

ただしこの期間設定が自由とはいえ、これを誤ると「稼げなかった」ということがあり得ます。

あなたが報酬ゼロでどこまで継続出来るか、忍耐力や金銭面での状況と照らし合わせて決めることも重要でしょう。

 

仮に365時間で結果が出るビジネスだとしましょう。(それほど間違ってはいません。)

みなさんがもし、

「半年続けても報酬が発生していなければ心が折れる」

という性格であれば作業量を一日2時間にしないとリタイヤが待っていることになります。

それが難しい状況で、1年間続ける忍耐力もなさそうなのであれば今はやるタイミングでは無いのかもしれません。

(実際は少額にせよ、報酬の発生が刺激となり継続しやすくなります。)

 

一度長期的に、現実的に、プランニングする時間を設けてはいかがでしょうか。

プランニングについてはこの記事もご参照ください。

アフィリエイトは結果が出るまでに一年から二年掛かると言われています。しかしそれは本当でしょうか。どういった人が、どのようなリズムで取り組んでいる場合を言っているので

 

物理的に必要な時間も考慮する

アフィリエイトビジネスで一番重要なのは「続けること」とよく言われますが、全くそのとおりです。

いくら努力しても物理的に時間が掛かるものがいくつもあるのです。

  • 記事の量(サイトの規模)
  • 訪問者(アクセス数)の増加
  • 検索エンジンがサイトをチェックする回数
  • 専門知識の習得

特にアクセス数は記事が増えた後に反応しますし、検索エンジンの巡回はこちらの都合で増やしてくれるものでもありません。

またサイト構成や記事のキーワード選定など、試行錯誤に対するアクセス数や売上の結果を判定するのも一定期間の分析が必要です。

もっともこの「続けることが重要」という言葉には自分の成長と共に育んでいくビジネスだという意味も込められています。

 

先ほど「技術」という要素を計算式に入れましたが、やはりIT技術や文章力がある人の方がスピードが出るのは事実です。

しかしそれは心配する必要はありません。
作業量で身についてきます。

そもそも“アフィリエイトビジネス用の”IT技術や文章力を、やる前から持っている人も少ないと思います。

 

一気に時間を短縮する方法

「すぐに結果が出ないと嫌だ」という方には提案があります。

投資しましょう。

アウトソーシングです。

記事、サイト構築、SEO、コマーシャルなど、お金さえ用意すれば片付くことが多いのも事実です。
まずは100万円程度用意してどこまで出来るか試してみてはどうでしょうか。

 

初めてでそこまで投資するのはリスクが大きいですが、それを選択可能なのもアフィリエイトです。

一つのサイト運営で得た経験は、今後の投資リスクを下げてくれます。
次のサイト構築は投資して一気に仕上げ、すぐに回収することが可能になり、大きな収益に膨らんでいきます。

 

「リスク無しビジネス」なりのやり方が必要

アフィリエイトを始めようと考えている方は、投資まで考えていないと思っています。

なるべく無料で運営し、なるべく無料で情報を集め、本や教材を購入せず、有料セミナーに参加しないことを望んでいるのが普通でしょう。

テナント料などのランニングコストが無く、オークションや転売のように仕入れがない。休んでも赤字にならない。

そしてパソコンさえあればどこでもいつでも出来るこのアフィリエイトの自由度の高さに惚れてやっているのだと思っています。

 

投資をせず、やりたいときにやっている。

でしたらそれなりに時間が掛かっても良いのではないでしょうか。

空いた時間にやる程度の報酬を期待すれば良いのではないでしょうか。

 

リスクの無いアフィリエイトビジネスの唯一の代償は「努力」です。

「努力の継続」と言っていいかもしれません。

継続という時間軸がどのようなビジネスにも重要であるように、アフィリエイトビジネスでも重要です。
そしてその時間は作業量で圧縮出来るものがほとんどです。

しかも他のビジネスと同様に、大きく膨らむ結果が用意されています。

 

赤字にならないアフィリエイトビジネス。

全てが自由なアフィリエイトビジネス。

結果が出るタイミングは自分次第。

アフィリエイトは儲かりますか?