【STEP8】投稿開始(WordPressの基本機能解説)

WordPressで記事を書く時に必要な機能をご紹介します。

感覚的に使えるWordPressですが、初めて使う方は必ず使う機能ですのでひと通り目を通しておいておけばスムーズに進められると思います。

記事を書く

記事を書くにはまずダッシュボードの新規投稿を選びます。

上段のメニューからでも、左側のメニューからでも大丈夫です。

.png - 【STEP8】投稿開始(WordPressの基本機能解説)  上段メニュー

.png - 【STEP8】投稿開始(WordPressの基本機能解説) 左側のメニュー

 

編集画面が開いたら、初期設定で「ビジュアル」という投稿モードになっています。

このまま文字を入力すれば実際の投稿表示とほぼ同じですので感覚的に記事を作ることが出来ます。

プログラムで編集する場合は「テキスト」モードで使います。

2017 02 10 22.16.09 - 【STEP8】投稿開始(WordPressの基本機能解説)

続いて、記事をWEBに公開する方法を先に説明しておきます。

記事を公開する

本来は最後に行うプロセスですが、先に説明します。

投稿編集画面の右上に、以下のようなメニューがあります。

基本的には記事が出来上がったら「公開」ボタンを押すだけで完了します。

2017 02 10 21.41.58 - 【STEP8】投稿開始(WordPressの基本機能解説)

機能の解説:

  1. 「下書きとして保存」は記事を書いている途中の一時保存が出来ます。
  2. 「プレビュー」は現在の記事内容を実際のWEB上での表示に出来ます。別ウィンドウで開きます。
  3. 「ステータス」は公開した記事を下書きに戻すことが出来ます。
  4. 「公開状態」は記事を非公開にしたり、パスワードロックすることが出来ます。
  5. 「すぐに公開する」は投稿日を過去日付にしたり、未来日付で投稿予約することが出来ます。
  6. 「公開」はこれを押すことでWEB上に公開されます。事実上、完了ボタンです。
  7. 「カテゴリー」は記事のカテゴリーを登録出来ます。来訪者が特定のカテゴリーを見たいときに役立ちます。

実際には「下書きとして保存」しながら、「プレビュー」で実際の表示を確認し、「公開」で終了する、という流れになります。

 

それでは続いて、記事を書くときによく使う機能を説明します。

段落と見出し

この『段落と見出し』というタイトル的なものは記事構成の軸になります。

大きく分けてどのようなことを言おうとしているのかをまず考えましょう。

そして見出しとしてダイジェストしておけば、読者がその先に続く文章を理解しやすくなります。

操作方法は次のようになります。

2017 02 05 14.14.53(2) - 【STEP8】投稿開始(WordPressの基本機能解説)

これで見出しを書く準備が出来ました。

一番大きな柱となる見出しは見出し“2”を使用してください。(見出し“1”は記事のタイトルとして既に使っています。)

*文字を打ってからそのにカーソルを当てて操作しても同じように見出しにすることが可能です。

見出し“3”は見出し“2”の記事の中でまとまったテーマがあり、そのタイトルを付ける方が読みやすくなるのであれば付ける、という感覚で使用します。

見出しによる検索エンジン対策

(↑これが見出し“3”の使用例になります。)

ブログを検索エンジンに上位表示させたいと思いますよね。

検索エンジンはこの見出しに入っている言葉を使って順位をつけていると言われています。

そして見出しの数字が小さいほどその言葉を重要視します。

また少し難しいのですが今後のためにプログラム上、それぞれの見出しは

見出し“1”=“h1タグ”
見出し“2”=“h2タグ”
見出し“3”=“h3タグ”

と表現することだけ覚えておいてください。

先ほどのことを言い換えると、「検索エンジンはタグを見てブログを順位付けする。そしてh1>h2>h3の順でそこに含まれる言葉を重視する」ということになります。

この記事だと タイトル=見出し“1”=“h1タグ” に含まれる「投稿」「WordPress」「基本機能」などが主に順位付けのキーワードとなるということです。

 

では次に別のことについて説明しますので見出し2に戻ります。↓

リスト(番号なし・番号付き)

表現方法としてダラダラと記述せず、箇条書きにする方が良い場合があります。

その時に使うのがこのボタンです。

2017 02 05 16.10.24(2) - 【STEP8】投稿開始(WordPressの基本機能解説)

「番号なしリスト」を使うと

  • 箇条書き内容1
  • 箇条書き内容2
  • 箇条書き内容3

「番号付きリスト」を使うと

  1. 箇条書き内容1
  2. 箇条書き内容2
  3. 箇条書き内容3

と自動で作成されます。行間の幅はワードプレステーマごとに違います。

 

太字・色付け

記事の中で重要であったり、強調したい場合に太字や色付けをします。

2017 02 05 16.44.39 - 【STEP8】投稿開始(WordPressの基本機能解説)

強調したい文字をドラッグで選択し、ボタンを押してください。色付けは「▼」マークでドロップダウンするとたくさんの色が出てきて選択、変更が出来ます。

 

リンク

自分のサイトの中で参考になる記事を読んで欲しい時などに使用します。

2017 02 05 16.44.39 1 - 【STEP8】投稿開始(WordPressの基本機能解説)

「リンク」ボタンを押すと次のような入力枠が出てきますので、歯車のマークを押します。

‹ アフィリエイト 22超22 初心者専用『B3』 — WordPress 2017 02 05 16 53 28 - 【STEP8】投稿開始(WordPressの基本機能解説)

ポップアップで編集画面が開きます。

リンク先をURL欄に直接貼り付けるか、下の記事一覧から選びます。

記事に表示する文字列は空白になっていますので自由に書きます。

‹ アフィリエイト 22超22 初心者専用『B3』 — WordPress 2017 02 05 16 58 10 - 【STEP8】投稿開始(WordPressの基本機能解説)

「リンク追加」ボタンを押せば完成です。

 

画像の挿入

画像を入れると記事がさらに伝わりやすくなります。

画像が既に用意されている前提で説明します。

「メディアを追加」ボタンを押します。

2017 02 05 16.44.39 2 - 【STEP8】投稿開始(WordPressの基本機能解説)

 

次に「ファイルをアップロード」タブを選択します。

‹ アフィリエイト 22超22 初心者専用『B3』 — WordPress 2017 02 05 17 16 45 - 【STEP8】投稿開始(WordPressの基本機能解説)

 

「ファイルを選択」ボタンがありますのでここから使いたい画像を選択すると「メディアライブラリ」に入ります。

‹ アフィリエイト 22超22 初心者専用『B3』 — WordPress 2017 02 05 17 18 48 - 【STEP8】投稿開始(WordPressの基本機能解説)

最後に「メディアライブラリ」で画像ファイルを選択し、「投稿に挿入」で完了です。

‹ アフィリエイト 22超22 初心者専用『B3』 — WordPress 2017 02 05 17 22 48 - 【STEP8】投稿開始(WordPressの基本機能解説)‹ アフィリエイト 22超22 初心者専用『B3』 — WordPress 2017 02 05 17 24 09 - 【STEP8】投稿開始(WordPressの基本機能解説)

画像の表示サイズは記事に挿入してから画像を選択すれば後からでも調整出来ますのでフルサイズで挿入すれば大丈夫です。

 

おまけ:ボタンのカスタマイズ

よく使う機能のボタンを追加したり、使わないボタンを削除したりするプラグインがありますのでご紹介します。

TinyMCE Advanced

2017 02 05 16.38.00(2) - 【STEP8】投稿開始(WordPressの基本機能解説)

初めは必要ないと思いますが、使い慣れてきたら一度使ってみてください。

 

以上で投稿方法の説明を終わります。

 

補足

補足として、パーマリンク設定について記事を追加しています。

こちらも確認お願いします。

100x100 - 【STEP8】投稿開始(WordPressの基本機能解説)
「パーマリンク」という記事ごとのURLに関する大切な用語があります。初期段階で知っておいた方が良いと思いますので投稿を始めるときに読んでおいてください。 パーマリンクとは

 

次のSTEPへ

次のSTEPは広告の貼り付け方になります。

広告は後からでも貼ることが出来ますので、まずは投稿が出来るようにいくつか書いてみましょう。

次のSTEPへ>>

100x100 - 【STEP8】投稿開始(WordPressの基本機能解説)
アフィリエイト広告を取得し、貼り付けることで収益化の準備が整います。 ここではA8.netを例にして簡単にその方法を説明します。 広告の取得 まず、取得したい広告

<<前のSTEPへ